SASのgmapプロシジャでコッホ雪片を描く

はじめに

SAS/GRAPHにある地図描画のためのgmapプロシジャ*1では、densityオプションで境界線の詳細度を0~6の7段階で設定することができます。
今回はその機能を使ってコッホ雪片を描いてみます。

コード


実行結果

f:id:Prunus1350:20150425001643p:plain
f:id:Prunus1350:20150425001644p:plain
f:id:Prunus1350:20150425001645p:plain
f:id:Prunus1350:20150425001646p:plain
f:id:Prunus1350:20150425001647p:plain
f:id:Prunus1350:20150425001648p:plain
f:id:Prunus1350:20150425001649p:plain

*1:SAS/GRAPHはSAS雲丹には入っていないので、試してみたい人は製品版SASSAS OnDemand for Academicsなどを使ってみて下さい。